読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都散歩道

数年前、某SNSで活動していた「京都散歩道」。このたびブログにて復活しました。京都をいろいろ巡っていますので、少しずつご紹介していけたらと思います。最近は平安京巡りにはまり中。過去のデータを移行したら、写真が一部見れないので、また修正します!まとめサイト等、他サイトへの文章・写真の転載はお断りします。

黒い”気”の記録 2016

よしなしごと

私は昔から、目に見えない ”何か” を感じやすい体質でした。

霊が見えるとかではなく、予感・直観的なもの。

ちょっとこの場所が嫌だな・・と感じたり。

昔の時代を夢に見たり。

前にもこんなことがあったというデジャブだったり。

 

はっきりと見えるわけではないけれど、何かを感じていた。

霊というものは信じてないので、それを”気”と呼ぶことにする。

 

大人になるにつれて、それを感じることは少なくなっていたが、去年からまた増えてるので、記録に残しておこうと思う。

 

過去最大は、21歳くらいの時か。夢の中で家の畳のある部屋に立っていた。背中(首より少し下あたり)をトントンと叩かれて、振り返ると誰もいない。でも、何かそこから体内に入ってくる感じがした。起きてからもその叩かれた場所は消えず、それから3年陰気に過ごしていて記憶もあまりない。とにかくマイナス思考だったのは確かである。

そして3年後、夢の中で同じ畳の部屋にいて、その叩かれた場所から、さーっと何かが抜けていく感じがあった。

その後、私は好みや性格が前向きに変わった。あの頃は嫌な気を、自分で追い払うことができなかった。

救いはそれを自分で客観的に見ていたこと。

紙にいろいろ書き出していたので、それも良かったのかもしれない。きっと黒い気も、気が済んだのだろう。

 

神社や史跡を回ってるからだと思うので、皆さんも気をつけていただきたい。

対処法も参考にしてください。

 

2015.8

六堂参り〜六条河原に行った時、一番嫌な感じがしたのが、六条河原でした。

ここは本当にヤバイと思った。

案の定、夜寝てる間に、黒い手に右手を掴まれ、東の方へと強い力で引っ張られた。引きずり込まれそうになり、なんとか止まった。いわゆる金縛りで結構時間がかかったように思う。ぬ

目が覚めたのは2時だった。

 

次の日、盛り塩を東に置いて寝たら、またもや黒い手に引っ張られた。今度は南。東に塩を置いてだからだろう。その塩をつまんで手首にふりかけたら、さーっと影が消えていった。2日目は金縛りも解けるのは早かった。

やはり塩がよいようだ。

この日も目が覚めたのは2時だった。

 

2016.2.

梅宮神社にいった後日だったので、思い当たるところが梅宮神社しかないのだが…また黒い手に引っ張られた。今度は夢の中で部屋にある塩を棚から取り出して、振りかけて追いやった。

目が覚めたら、やはり2時。

気持ち悪いが慣れたものである(笑)

また盛り塩をして、東に置いておいた。

 

2016.3

下御霊神社から北へ回った。嫌な気配は感じなかったが、気になったので、一応盛り塩をしておいた。何もなかったのでよかった。

 

2016.4

原谷苑の原谷弁財天とわら天神とその近くの天満宮に行った。今日はそこまで嫌な感じはしなかったから大丈夫だと思ったけど、やはり黒い影に襲われた。

これまでの中で一番弱く、今回は手でなく、細い紐のようだった。夢の中で建物の中にいて真っ暗闇になり、辛うじて携帯で光を灯し外に出た。外も夜だった。左手に階段があり、上がったところに人がいた。そこで何かを訪ねようとして、後ろから首を絞められて焦った。ゆっくりと息を吹きかけたら消えた。起きたら、苦しかったのか両手を首のところで握りしめていて(絞められているのを細いものを解こうとしたのだろう)、しばらく痺れていた。

時間は2時半だった。

思い当たるのは、原谷弁財天の摂社の白龍大神かわら天神の摂社だと思われる。本殿は嫌な気配は感じなかった。

 

人が多いと大丈夫だが、摂社などは人が少ないからかもしれない。

こないだは、東山七条から九条あたりをバスで通っているだけで気分が悪くなった。このあたりももとは鳥辺野という場所で墓場である。

…だいぶ敏感になっている気がする。

 

2016.6 月曜夜

この土日はどこも神社にはいかなかった。

 にもかかわらず、初めて、北側に両手を強い力で引きずられるように引っ張られた。

これはやばいと、手を振り切り、とっさに唱えたのが「臨兵闘写皆陳列在前」の九字切り。自分でもびっくり。何度か唱えたら、金縛りも消えました。

起きたら14時半。

今回は動物のような気がします。

 

直前の夢で、ある一軒家にいて、友達を数人迎え入れました。その時、玄関の前の棚上に大きな牛の置物がありました。何かに反応して目を覚まし、なんと外へ飛び出して行ったのです。

そして、家の窓から公園や道路が見え、そこを猛突進。

そこで夢は一度切れました。

そしたら、今度は、足裏をポンポン叩かれました(^^;;

 

その時見ていた夢は、同じく一軒家に私と猫が数匹。ある猫Aが猫Bにちょっかい出しますが、Bは逃げ回ります。そこへ大きな猫Cがやってきて、Bはその猫の隣へ。どうやらAは人の猫にちょっかいかけてしまったわけです。Cに睨まれてるところで目が覚めました。

 

夢の中で、呪縛を解く護身法を唱えていた自分にほんとびっくりです。本の影響で覚えたりはしてたけど、さすがに本当に危険にさらされて唱えたことはないです( ̄▽ ̄)

 

2016.8.20土曜夜

この日行ったのは六角堂だけ。

夢の記憶も定かではないが、仰向けに寝ていて全身金縛り。なんとか腕から解き、引き出しから塩を取り出し、全身に振りまいていた。そのあともまた同じように金縛りにあい、「あー」と声を出そうにも出ず、なんとか解いて、再度塩を振りかけた。

 

ちなみに、夢の中で塩をまいているだけで、今回は現実にはまいていない。起きてもいない。

 

他記憶しているのは、広い畳の部屋にいて、壁一面大きな窓があり、そこから大きな丸太が飛んできて、今にもぶつかりそうとなって、慌てて廊下へ避難したことくらい。

そのあとも記憶にはない。

 

2016.10.11火曜日

大将軍八神社について調べていた。2日前にも東山大将軍神社にいったばかり。

夢の中で、八神社の星のモニュメントが迫ってきて、

体の中から震えがだんだん大きくなり、そしてそのままその気が膨れて自分の心臓から破裂する夢を見た。

起きたらまた2時だった。

 

神に触れるなという警告だろうか、

おきてから10分たったが、まだ心臓がばくばくする。

 

 

2016.12.16 金曜日

東寺の御影堂のことを調べていた。御修会というのがあって、朱印を柱に押すのだが、それは怨霊をでてこないようにするための結界だと聞いたと過去のメモにあった。そもそも修会そのものが、もともと怨霊を鎮めるためのものだと本に書いてあった。御影堂の怨霊…不動明王だろうか? 秘宝だし、御開帳もされずに閉じ込められているから。

そんなことを考えていたら、夢を見た。なんか赤とか青とかの色があるお堂っぽかったが覚えていない。黒くて細長い竜巻のようなものに、両手を引っ張られるので必死で押さえてた。直立不動になっていて、前で手を組むようにして押さえた。でもすごい力で引っ張られた。それ以上は何もなかった。

起きたら2時…なんか嫌になるなあ。今年とりあえずメモしてみてたら結構多いな。

 

金縛りだと普通動かないはずだよなーと改めて思った。

逆に勝手に動くんだもん(^_^;) 

 

2016.12.19 月曜日 

この日は心当たりはまったくないんだけど。夢の中で布団の上で、東側に両手を強く引っ張られて、 こちらは反発。ちょうど正座して両手を前に引っ張られてる感じ?

そのあとその力に負けて南側の壁にぶち当たった…。

実際寝てるのは東枕なのだけど、引っ張られた位置は足元。

この時も夜中に目を覚まして、時計まで見てまた2時か…と思った覚えもあるんだけど、起きてられずにそのまま寝てました。

今回のは怖いというよりも、 「遊んでー」と駄々をこねられてる感じ。

ちょうどこないだ東寺のことを調べていたこともあって、般若心経も見てたから、両手を引っ張られてるときに、「南妙法蓮華経…」と唱えてました(^_^;)

多分それで退散してくれたのかなあ。

また盛塩しとこうかな。