読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都散歩道

数年前、某SNSで活動していた「京都散歩道」。このたびブログにて復活しました。京都をいろいろ巡っていますので、少しずつご紹介していけたらと思います。最近は平安京巡りにはまり中。過去のデータを移行したら、写真が一部見れないので、また修正します!まとめサイト等、他サイトへの文章・写真の転載はお断りします。

平安時代、伏見周辺2(鳥羽離宮北殿、金剛心院、田中殿、西行寺跡、白河天皇陵、泉殿)

【史跡】京の歴史を追え! 平安時代へ 伏見区

f:id:kyotomichi:20160212233503j:plain

参考:日文研 花洛往古図(内容年代:平安時代末期-鎌倉時代)

f:id:kyotomichi:20160213001906j:plain

平安時代の地図を現代の地図に置き換えるとこんな感じになります。

f:id:kyotomichi:20160228141523j:plain

鳥羽離宮公園の少し北側に鳥羽離宮北殿があったといわれています。

f:id:kyotomichi:20160228141730j:plain

金剛心院は、今やラブホテル街・・^^;

まったく、なんてところに建てるんだっ・・。

城南宮のすぐ北、新城南宮通りから1本北に行ったところにあります。この道の右側です。

f:id:kyotomichi:20160228142036j:plain

ホテルとホテルの間にひっそりとあります。

f:id:kyotomichi:20160228142143j:plain

f:id:kyotomichi:20160228142211j:plain

後宮塚陵墓参考地。

皇族の墳墓とされましたが、被葬者が特定できない墓地になります。

f:id:kyotomichi:20160213174856j:plain

北へ向かって田中殿のあとへ。

住宅街のなかにあります。

だいたいが公園になっているんですね。

f:id:kyotomichi:20160213175239j:plain

f:id:kyotomichi:20160213175325j:plain

裏に由緒書きもあります。

 

もともと田中殿は、八条院暲子内親王鳥羽法皇の娘/崇徳天皇の異母妹)の御所として、鳥羽上皇が作られました。

1141年3月、鳥羽上皇が鳥羽殿東御堂にて剃髪し出家、法皇となります。

同年12月崇徳天皇近衛天皇に譲位して、この田中殿に移り住みました。

1145年8月待賢門院(崇徳天皇の母)が三条高倉殿にて亡くなり、崇徳天皇後白河天皇崇徳天皇の弟)と一緒に住もうと提案し、東三条殿へ移ります。1151年には近衛殿にいましたが、近衛殿が近衛天皇崇徳天皇の義母弟/八条院暲子内親王の弟)の皇居となったので、東八条殿へ移ります。しかし11月東八条殿が焼亡し、今度は三条烏丸桟敷殿へ・・。

1155年7月、近衛天皇崩御

1156年6月、崇徳上皇が鳥羽殿に鳥羽法皇崇徳上皇の父)を見舞いにいったが、対面させてもらえず、田中殿へ引き返した、という話が残っています。そして7月鳥羽法皇崩御。「古事談」によると、法皇は側近の藤原惟方に、自身の遺体を崇徳天皇に見せないように言い残したそうです。

鳥羽法皇は、父白河院と待賢門院が通じて生まれたのが崇徳天皇と思い、叔父子と忌み嫌ったことが原因と言われています。

その後、崇徳天皇はひそかに白河北殿に移り兵を集め、これが保元の乱のはじまりとなります。

(株式会社ユニプラン『院政・源平年表帖』2012年 参照)

 

崇徳天皇は三大怨霊の一人ともいわれていますが、それだけ恐れられている=それだけひどいことをした、のだと私は考えています。

叔父子というのもとってつけたような話だし、『台記』によれば待賢門院が亡くなる時、鳥羽天皇が駆けつけて看取り、号泣したという話もあるようです。本当に忌み嫌っていたら駆けつけないでしょう。そもそも後白河天皇は自分の子と信じて、崇徳天皇だけ信じないというのも不思議。お見舞いを断ったのも、親として弱った自分を見せたくなかったのかもしれませんよね。

f:id:kyotomichi:20160228142443j:plain

西行寺跡は、油小路通りの一本西側にあります。

ちょっとわかりにくいですが、この右側にあります。

f:id:kyotomichi:20160228142542j:plain

f:id:kyotomichi:20160228142608j:plain

鳥羽上皇に仕えた北面の武士、佐藤義清(西行)の邸宅跡になります。江戸時代には庵室(西行寺)が建てられ、境内には月見池、剃髪堂がありました。

f:id:kyotomichi:20160213192206j:plain

白河天皇成菩提院陵

あとで回った所と比較しても、一番質素な感じがしました。

あれだけ権勢をふるっていた人なのに、不思議です。

f:id:kyotomichi:20160213192258j:plain

f:id:kyotomichi:20160213192324j:plain

f:id:kyotomichi:20160213192602j:plain

f:id:kyotomichi:20160213192641j:plain

f:id:kyotomichi:20160213192705j:plain

f:id:kyotomichi:20160228142837j:plain

泉殿は、新城南宮通りに面したところにありました。

f:id:kyotomichi:20160228142946j:plain

これ以上下がれないので・・斜めになっちゃった^^;

f:id:kyotomichi:20160228143101j:plain

浄菩提院塚陵墓参考地。

皇族の墳墓とされましたが、被葬者が特定できない墓地になります。

f:id:kyotomichi:20160228143023j:plain